【MLB】大谷翔平、6回は空振り三振で第3打席までヒットなし 左腕ゴンザレスに苦戦

©株式会社Creative2

マリナーズ戦に出場するエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

「3番・DH」で4試合連続スタメン出場

■エンゼルス – マリナーズ(日本時間8日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は7日(日本時間8日)、本拠地マリナーズ戦に「3番・DH」で4試合連続スタメン出場。初回の第1打席はニゴロ、3回の第2打席は一ゴロ、6回の第3打席は空振り三振と3打席目まで無安打となっている。

 大谷は初回、1死一塁でマリナーズの開幕投手、左腕ゴンザレスの外角低めへのカーブを打ちニゴロ。快足を飛ばしてダブルプレーは阻止したものの、続くプホルスは遊飛に倒れた。さらに、3回の第2打席も初球のカットボールを打って一ゴロと2打席連続で凡退した。

 エンゼルスは2回にカルフーンのソロ弾で1点を先制するも、先発ヒーニーが6回までに5失点。大谷の第3打席は4点を追う6回、トラウト四球の後の1死一塁の場面。2球で追い込まれてから粘ってフルカウントとするも、最後は8球目の外角へのカットボールに空振り。三振に倒れた。

 大谷は5日(同6日)の本拠地アスレチックス戦で逆転5号3ランを放つなど、自己最多の4打点を挙げる活躍。6日(同7日)の同戦では打球速度110マイル(約177キロ)の痛烈な右前打を放ち、3試合連続安打としていた。(Full-Count編集部)