大リーグ、大谷が菊池から本塁打

メジャーで初対決、平野は好救援

©一般社団法人共同通信社

4回、マリナーズ・菊池(18)から3者連続となる6号本塁打を放つエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)

 【アナハイム共同】米大リーグは8日、各地で行われ、エンゼルスの大谷がアナハイムでのマリナーズ戦に「3番・指名打者」でフル出場し、5打数で6号ソロを含む今季2度目の1試合3安打を放ち、2打点をマークした。マリナーズの菊池とのメジャー移籍後初めての対戦は、四回の一発を含め2安打1打点だった。チームは12―3で勝った。

 菊池は先発して3回1/3を投げて9安打7失点(自責点6)と崩れ、4敗目(3勝)を喫した。

 ダイヤモンドバックスの平野はブルージェイズ戦で5―0の七回途中に3番手で登板し、2/3回を無安打無失点で2三振を奪った。チームは6―0で勝ち3連勝とした。

1回、メジャー初対戦で、マリナーズ・菊池から二塁内野安打を放つエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)
マリナーズ戦を前に、打撃練習するエンゼルス・大谷=アナハイム(共同)