レッドブル代表「フェラーリ&メルセデスと同じ戦略を試みたが、ミディアムタイヤでQ3に進める速さはなかった」:F1カナダGP土曜

©株式会社サンズ

 2019年F1カナダGPの土曜予選で、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは11番手、ピエール・ガスリーは5番手だった。

 フェルスタッペンはQ2最初のランでミディアムタイヤを装着したものの、十分なタイムを出せず、最後にソフトタイヤでアタックに出たが、そのタイミングでケビン・マグヌッセンのクラッシュによる赤旗が出たため、タイムを更新できずにQ2で敗退した。

 予選10番手のマグヌッセンがピットレーンからのスタートになり、9番手のカルロス・サインツJr.はアレクサンダー・アルボンのアタックを妨害した件で3グリッド降格のペナルティを科されるため、現地土曜発表の暫定グリッドではフェルスタッペンに9番グリッドが与えられている。

 ガスリーはQ2をソフトタイヤで通過。Q3では3回のランでアタックを行うという戦略を採った。

2019年F1第7戦カナダGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)とチーム代表クリスチャン・ホーナー

■アストンマーティン・レッドブル・レーシング
チーム代表クリスチャン・ホーナー
 マックスにとって悔しい予選になった。Q1でいいペースを発揮していたので、(Q2では)ミディアムタイヤでアタックすることに決めた。フェラーリやメルセデスと同じ戦略で、ミディアムタイヤで決勝をスタートすることを狙った。だが、ミディアムでは十分な速さがなく、その上、トラフィックにも遭い、結局ソフトに換えてもう一度走らなければならなくなった。

 マックスは最後のアタックラップで楽にQ3に進めるタイムを出しつつあったが、ついてないことにハースが引き起こした赤旗により、セッションストップとなり、マックスはそのラップを走り切ることができなかった。彼はもっとずっと上位を確保できたはずなので、11番手というのは不本意なポジションだ。

 ピエールはソフトタイヤを使って余裕でQ3に進んだ。Q3では3回計測ラップを走るという、他とは異なる戦略を用い、最後に強力なラップを走って5番グリッドを確保した。明日のカナダGPはエキサイティングなレースになるだろう。