田口淳之介が土下座しても叩く人達 いつから日本はこうなった

©株式会社光文社

田口淳之介被告(33)の土下座が話題を呼んでいる。

大麻取締法違反(所持)の罪で起訴されていた田口だったが、6月7日に東京・湾岸署から保釈。スーツ姿で報道陣を前に「このたびは私が起こした事件でみなさまにご心配をおかけし、まことに申し訳ございませんでした」と謝罪した。

続けて「ファンのみなさま、関係者のみなさまに多大なるご迷惑をかけてしまいました。金輪際、大麻などの違法薬物、そして犯罪に手を染めないことを、ここに誓います」と更生を誓うと、地面に頭をつけて土下座したのだ。

これに対し、各メディアはこぞって土下座の模様を報道。ネット上で上がった《こわい》《笑ってしまう》などの声を取り上げたほか、バラエティ番組のように左右正面のアングルから土下座を何度も伝えるテレビ局もあった。

さらにはTwitterでも《わざとらしい》《土下座は引く》《逆効果》など、非難の声も上がっていた。

だが、こうした声に異を唱える人も。いっぽうでは、こんな指摘が上がり始めている。

《田口の土下座まじか これが2019年の日本だとは思えないね いつからこんな国になった? いつから日本人は弱者を叩く人種になった?》
《更生を誓ってマスコミに晒されながらもしっかり謝罪してるのにファンでも無く関係者でもない人がネタにするって草 イジメだわ》

ぜんじろう(51)も9日、自身のTwitterでこうつぶやいている。

《誰に対してしているか分からない、逆効果にもなりかねない土下座。気味が悪い、嘘くさいという反応も出てきますね。でも本人にはこれしかなかったんでしょう。僕も自分の若い頃を思い出しました。こんな土下座しなくても「やりなおせ!」と言える社会になったらなと思います》

たしかに田口被告は罪を犯し、ファンの気持ちを裏切り、関係者に迷惑をかけたのだろう。

だがスーツ姿で真剣に謝罪し、更生を誓い、土下座までした。そんな姿をさらに笑い、叩く今の風潮には違和感の声が上がっているようだ。