【MLB】大谷、雄星撃ち6号「前の2人が重圧を…」花巻東対決は「いつもより打ちたい」

©株式会社Creative2

マリナーズ・菊池雄星から本塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

菊池雄星と米初対決 3打数2安打と攻略「他の選手と違って特別な気持ち」

■エンゼルス 12-3 マリナーズ(日本時間9日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は8日(日本時間9日)、本拠地マリナーズ戦で「3番・指名打者」で5試合連続で先発出場した。4回の第3打席で花巻東高の先輩にあたる菊池雄星から左中間6号ソロを放つと、5回の第4打席で右中間適時二塁打。初回2死の二塁内野安打と合わせ、5打数3安打2打点で今季2度目の猛打賞をマークした。チームは12-3で大勝。連敗を2でストップした。地元放送局「FOXスポーツ・ウエスト」のヒーローインタビューでは“大谷節”を炸裂させた。

 メジャー初の花巻東対決で豪快な打撃を見せた。初回2死で快足を生かして二塁内野安打。3点先制の足がかりを作った。2回の第2打席では一ゴロに打ち取られたものの、4回無死の第3打席で圧巻のパワーを見せた。ラステラ、トラウトの連発で迎えた直後。初球の75.2マイル(約121キロ)のカーブをバットに乗せた。3試合ぶりの左中間6号ソロ。中学時代に憧れた3学年上の先輩から日米通じて初アーチだった。試合後の大谷は興奮を隠しきれないようにまくしたてるように振り返った。

「他の選手と違って、ちょっと自分の中でも特別な気持ちはありますし、いつもよりこう打ちたいなという気持ちも強く持って打席に立ったので。結果的にいい結果が出てよかったと思います」

 今季初めて左腕から打った本塁打だった。

 2人の対決はNPB時代の2017年3月31日の開幕戦以来800日ぶり。注目の米初対決には日本人メディア80人が大集結した。菊池が先発したT-モバイルパークでの5月30日(同31日)は大谷が欠場したため、対決は実現しなかったが、オースマス監督が「オオタニが勝つことを望む」と期待してのスタメン起用で結果を出した。

「僕にとっても特別でしたし、いろんな人にとって楽しみにしていた人もいると思うので。まだまだもっと対戦もあると思うんですけど、もっともっと熱いゲームをできるように頑張りたいと思います」

 MLBで日本人対決での本塁打は2009年7月8日に福留孝介(カブス)が川上憲伸(ブレーブス)から打って以来10年ぶり7度目。チームの3者連発はカルフーン、トラウト、プホルスが記録した2016年9月3日のマリナーズ戦以来3年ぶりだった。

「前の2人がプレッシャーをかけてくれたなと思っているので。その流れに乗って打ててよかったなと思います」

 先輩撃ちしてのチーム大勝に、大谷も興奮を抑えきれない様子だった。(Full-Count編集部)