ちょっとした工夫で食べやすくなる! 1歳児のお出かけごはん

©株式会社ベビーカレンダー

この記事では、ママがちょっとの工夫で食べやすくなるお出かけごはんを紹介しています。食パンに具材をのせてラップで巻くだけのくるくるサンドイッチ、ひと口大や長方形の平らにするなどのおにぎり、茹でたマカロニのアレンジはお出かけごはんにぴったりだったそうです。

1歳ごろになると1歳~1歳6カ月ごろ(離乳食完了期)に入り、いろいろな食材が食べられるようになってきて、お出かけごはんも楽になりますよね。今回は、わが家で活躍したお出かけごはんをご紹介したいと思います。

食べやすい! くるくるサンドイッチ

私の母親が作っていたことを思い出し、自分の子どもに作ってみたのが「くるくるサンドイッチ」。作り方は簡単。ラップの上に、耳を切った食パンを置き、好みの具を入れて、あとは巻き寿司のようにくるくると巻いて、ラップで包めば完成!

スティック状にすると子どもが手に持ちやすく、巻いてあるので中身が飛び出しにくいです。卵や手作りジャムなど、中身をアレンジしたくるくるサンドイッチは、いまだにわが子たちの人気メニューです。

ひと工夫したおにぎりで腹持ちもよし!

子どもが食べるときに崩れやすいおにぎりですが、直径2cmほどの丸型にすると崩れにくくなりました。わが家では、そのおにぎりを何個も作り、タッパーに入れてお出かけしています。子どもにあげると、手づかみで食べやすく、腹持ちもいいため、とっても活躍しました。

また、1歳を過ぎて両手がじょうずに使えるようになってからは、ラップの上にふりかけなど混ぜたご飯を乗せ、長方形で平らなおにぎりを作りました。すると、子どもの小さい口にも入りやすく、じょうずに食べることができました。

手づかみOK! 茹でマカロニ

友人から聞いて、いいアイデアだと思ったのがマカロニ。普通のマカロニを茹でて味つけするだけなので、とっても簡単!

最初はマカロニを塩茹でしてそのままあげていましたが、すりおろしたにんじんやほうれん草を混ぜたり、粉チーズを混ぜたりなど、もうひと工夫。手づかみでおいしく食べられるので、子どもたちも喜んで食べていました。友人は、きなこを混ぜておやつとしてもあげていたようです。

家族での楽しいお出かけ。外食もいいですが、1歳くらいの子どもには味つけが濃すぎるなど、なかなか食べられるものがないときもありますよね。ちょこっと工夫をして、手作りのものを持っていってあげられるといいですね。


著者:石原みどり

知的障害を持つ子どもと口唇口蓋裂を持つ子どもの母。波乱万丈で大変なこともあるが、子どもたちと幸せいっぱいに生活している。経験を踏まえ、子育てに関する情報を発信中。