G20、経済減速懸念の共同声明

米中摩擦警戒「対処し続け行動」

©一般社団法人共同通信社

2日間の討議を終え、記念撮影するG20参加各国の財務相と中央銀行総裁ら=9日午後、福岡市内のホテル

 福岡市で開かれていた20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は9日、共同声明を採択して閉幕した。声明は「世界経済の成長は下振れの恐れがある」と減速を懸念。特に米中を念頭に貿易摩擦の激化への警戒感を示し「リスクに対処し続け、さらなる行動を取る用意がある」と、景気刺激策などで連携する構えを示した。ただ同日終わったG20貿易相らの会合の声明を含め「保護主義と闘う」との文言は盛り込めなかった。

 巨大IT企業などを対象とした「デジタル課税」について2020年の最終合意を目指す作業計画と、途上国でのインフラ投資に関する新原則はそれぞれ承認した。

G20財務相・中央銀行総裁会議が閉幕し、記念撮影する中国の劉昆財政相(中列右)と米国のムニューシン財務長官(前列左)ら=9日午後、福岡市内のホテル