高速バスにパンダのラッピング 和歌山・白浜「アドベンチャーワールド」

©株式会社ジェイ・キャスト

アワーズ(和歌山県白浜町)が運営するアドベンチャーワールド(同)は、明光バス(同)と協働で「パンダ白浜エクスプレス~未来をツナグSmileバス~」を2019年6月22日に運行する。

アドベンチャーワールドがテーマのラッピングバス運行開始

明光バスと協働で細部にまでこだわる

主に「白浜大阪線」の高速バスとして運行し、アドベンチャーワールドへの団体の利用者を運ぶとともに、和歌山県白浜から各地域へアドベンチャーワールドの楽しさを伝えるため、貸切バスとしても運行するという。

パーク内用・鉄軌道以外で高速バスとしては初のパンダラッピング車両だ。明光バスと協働で細部にまでこだわって作り上げたという。

バスのエクステリアには生き生きとした動物たちをあしらい、全座席にはパンダ柄のシートヘッドカバー、窓に映る動物たちのシルエット、リアウィンドウにはパンダ、トイレ扉にもイルカのラッピングを施した。

また、運行開始日の19年6月22日にはアドベンチャーワールドで出発式を実施予定<J-CASTトレンド>