シュイ族のシンボル、水司楼を訪ねて 貴州省独山県

©新華社

シュイ族のシンボル、水司楼を訪ねて 貴州省独山県

7日、貴州省独山県影山鎮の水司楼。(小型無人機から、独山=新華社記者/劉続)

 【新華社独山6月9日】中国貴州省独山県影山鎮にある水司楼は、高さが99.9メートルの24階建てで、くぎを使わず木と木をつなぎ合わせた榫卯(しゅんぼう)構造の大型木造建築物となっている。山と水のそばで生活するシュイ族の伝統的な風俗習慣と建築的特徴に基づいて建てられた水司楼は、同族の文化と知恵の象徴となっている。

シュイ族のシンボル、水司楼を訪ねて 貴州省独山県

7日、貴州省独山県影山鎮の水司楼を見学する観光客。(独山=新華社記者/劉続)

シュイ族のシンボル、水司楼を訪ねて 貴州省独山県

7日、貴州省独山県影山鎮の水司楼。(小型無人機から、独山=新華社記者/劉続)

シュイ族のシンボル、水司楼を訪ねて 貴州省独山県

7日、貴州省独山県影山鎮の水司楼を見学する観光客。(独山=新華社記者/劉続)

シュイ族のシンボル、水司楼を訪ねて 貴州省独山県

7日、貴州省独山県影山鎮の水司楼。(小型無人機から、独山=新華社記者/劉続)

シュイ族のシンボル、水司楼を訪ねて 貴州省独山県

7日、貴州省独山県影山鎮の水司楼。(小型無人機から、独山=新華社記者/劉続)

シュイ族のシンボル、水司楼を訪ねて 貴州省独山県

7日、貴州省独山県影山鎮の水司楼。(独山=新華社記者/劉続)