【MLB】大谷翔平、2打席連続空振り三振 今季2度目の2戦連発なるか

©株式会社Creative2

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

本拠地のマリナーズ戦で「3番・DH」で先発出場した

■エンゼルス – マリナーズ(日本時間10日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は9日(日本時間10日)、本拠地のマリナーズ戦で「3番・指名打者」で6試合連続先発出場した。初回の第1打席、4回の第2打席と2打席連続で空振り三振だった。

 初回2死では右腕・アダムスと初対戦。2ボール2ストライクから、内角低めに沈むスライダーにバットは空を切り、空振り三振に倒れた。4回先頭は元西武の左腕ルブランに対し、2ボール2ストライクから内角低めに沈むチェンジアップに空振り三振に倒れた。

 大谷は前日8日(同9日)の同カードで菊池雄星投手とメジャー初の花巻東対決に臨んだ。4回の第3打席で左中間へ3試合ぶりの6号ソロ。ラステラ、トラウトに続く3者連発で周囲の度肝を抜いた。5打数3安打2打点。チームの大勝に大きく貢献した。

 試合前まで今季は27試合出場し、109打数28安打の打率.257、6本塁打、22打点となっている。(Full-Count編集部)