椎名林檎、テイラー・スウィフトの5連覇を阻止! 喜びのコメント「感無量です」

©株式会社J-WAVE

J-WAVEで放送中の番組『SAISON CARD TOKIO HOT 100』(ナビゲーター:クリス・ペプラー)。J-WAVE全番組のオンエア、番組サイトのVOTEボタンから寄せられたリスナーズポイント、都内主要CDショップのセールデータ、各音楽配信サブスクリプションサービスのストリーミング回数に基づくランキングデータ、以上4つのデータをもとにポイント計算。世界の音楽シーンからJ-WAVEが厳選した100曲をカウントダウンでお届けしています。ここでは6月9日(日)付のチャートをご紹介します!

【『SAISON CARD TOKIO HOT 100』(日曜 13時-16時54分)】

■6月9日付チャート

10位:Ed Sheeran『Cross Me (feat. Chance The Rapper & PnB Rock)』
筋金入りのケチャラーとして知られるエド・シーランは、大手ケチャップメーカーのハインツとコラボした「Edchup」なるケチャップボトルを販売。「Edchup」のラベルのトマトには、エド・シーランのメガネと髪の毛が描かれています。売れ行きが好調で、ひとり5本までという制限がかけられたものの、すぐに完売したそうです。

9位:SIRUP『Pool』
ハンバーガー好きのSIRUP。日々のランチの8割はハンバーガーを食べているそうです。

SIRUP

8位:Katy Perry『Never Really Over』
およそ2年ぶりのシングルとなる同曲。9人のアーティストによって作られたコライト楽曲ですが、その中のひとりに『365』でコラボしたZeddも名を連ねており、作詞・作曲だけでなくミックスやプロデュースも手がけています。

7位:米津玄師『海の幽霊』
6月7日に公開されたアニメーション映画『海獣の子供』のメインテーマです。自身のツイッターを更新した米津さんは、「主題歌を担当させてほしいと図々しくも頼み込み、許諾して頂けたことに対して感謝の念に堪えません。どうか広く行き渡りますように。」と綴っています。米津さんは原作の大ファンなのだとか。

6位:Official髭男dism『Pretender』
Official髭男dismにとって、6月7日は結成7周年の節目。昨年4月のメジャーデビューから破竹の勢いでのし上がっています。日本武道館、Zepp DiverCity TOKYOでの2Daysを含む、6月22日(土)から始まるワンマンツアーの全公演がソールドアウトと絶好調です。

Official髭男dism

5位:サカナクション『忘れられないの』
当初4月に発売予定だったアルバム『834.194』は、歌詞に妥協できなかったという理由で発売延期となりましたが、フロントマンの山口一郎さんは初めてバンドメンバーに怒られたそうです。曲によっては180パターン近くも書き直したこともあったそうで、かなり難産の作品だったようです。そんなサカナクションですが、8月1日(木)からスタートする「あいちトリエンナーレ2019」に参加します。3年に1度開催される国内最大級の現代アートの祭典ですが、愛知県芸術劇場大ホールにて暗闇をテーマにした空間インスタレーションとも呼べる実験的なライブパフォーマンスを行います。完全暗転のなか、360度サラウンドスピーカーを使った演出だそうです。

サカナクション

4位:Ed Sheeran & Justin Bieber『I Don't Care』
エド・シーランの2曲目のトップ10エントリー。7月12日(金)に、豪華アーティストたちとコラボしたアルバム『No.6 Collaborations Project』がリリースされますが、本作について語ったインタビュー動画が公開されています。動画では、ブルーノ・マーズに直接電話をして、「一緒に曲を作ろう」と持ちかけコラボが実現したことを明かしています。

Ed Sheeran & Justin Bieber『I Don't Care』

3位:Shawn Mendes『If I Can't Have You』
過去最大級のツアー「Shawn Mendes The Tour」を行っているショーン・メンデス。間もなく北米ツアーが始まりますが、その前にバスケットボールの試合を観戦しました。現在、NBAファイナルが行われており、ショーンの地元のチーム、トロント・ラプターズがゴールデンステイト・ウォリアーズと対決。ショーンはトロントで開催された第2戦を観戦しましたが、この日は、トロント・ラプターズの熱狂的なファンとして知られるドレイクやオバマ元大統領も姿を見せました。ショーンとドレイクはコートサイドの最前列で観戦していたのですが、オバマ元大統領はかなり後ろの席で観戦。しかし、大歓声を受けていたそうです。

Shawn Mendes

2位:Taylor Swift『ME! (featuring Brendon Urie of Panic! At The Disco)』
ファンが心待ちにしているテイラーのニューアルバム。テイラーによると、前回のアルバムがダークな雰囲気だったのに対して、新作は遊び心に溢れた楽しいアルバムになっているとか。とはいえ、ハッピーな曲だけでなく悲しい曲もあり、政治的な意味合いを含む曲も収録されるそうです。

テイラー・スウィフト

1位:椎名林檎『TOKYO』
4連覇中だったテイラー・スウィフトを抑えて新たに1位になったのは、椎名林檎さんの『TOKYO』。1位獲得を受けて、椎名さんからメッセージが寄せられました。

「ありがとうございます。ピアノ・林 正樹、ベース・鳥越啓介、ドラムス・みどりん。3者が繰り広げるこの生命のやりとりを皆さん81.3で聴き取ってくださっているのですね。感無量です」

デビュー20周年という節目を迎えてリリースされた最新アルバム『三毒史』からの1曲。堂々の1位獲得です。

椎名林檎

■今週のトップ10
1位:椎名林檎『TOKYO』
2位:Taylor Swift『ME! (featuring Brendon Urie of Panic! At The Disco)』
3位:Shawn Mendes『If I Can't Have You』
4位:Ed Sheeran & Justin Bieber『I Don't Care』
5位:サカナクション『忘れられないの』
6位:Official髭男dism『Pretender』
7位:米津玄師『海の幽霊』
8位:Katy Perry『Never Really Over』
9位:SIRUP『Pool』
10位:Ed Sheeran『Cross Me (feat. Chance The Rapper & PnB Rock)』

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SAISON CARD TOKIO HOT 100』
放送日時:日曜 13時-16時54分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/tokiohot100/

【関連タグ】
SAISON CARD TOKIO HOT 100   クリス・ペプラー   音楽