リタイアのアルボン「スタート直後の接触で、レースは終わったようなものだった」:トロロッソ・ホンダ F1カナダGP日曜

©株式会社サンズ

 2019年F1カナダGP決勝で、レッドブル・トロロッソ・ホンダのアレクサンダー・アルボンはリタイアに終わった。

 13番グリッドからミディアムタイヤでスタートしたアルボンは、1周目にセルジオ・ペレスとアントニオ・ジョビナッツィに挟まれる形でフロントウイングを壊し、ピットイン。ハードタイヤに交換し、最後尾から16番手まで順位を上げたが、59周でピットに戻り、リタイアした。チーム代表フランツ・トストは「パワーユニットのマイレージをセーブするためリタイアさせた」と述べている。

■レッドブル・トロロッソ・ホンダ
アレクサンダー・アルボン 決勝=リタイア
 きついレースだった。スタート直後にフロントウイングにダメージを負った。そこで僕のレースは終わったようなものだ。僕がコーナーでもう少しブレーキングを遅らせていれば、ペレスがイン側に行けたのかもしれない。でももう終わったことだ。

 その後、ペースが上がらなかったので、それについて分析したい。今週末はロングランで苦労したから、その理由を理解する必要がある。