ヤンキース、首位に並ばれる

ドジャース、カブスも首位

©一般社団法人共同通信社

4日のブルージェイズ戦に先発し、6回4失点で5敗目を喫したヤンキースの田中=トロント(共同)

 【アナハイム共同】米大リーグは9日、第11週を終え、ア・リーグ東地区で田中の所属する首位ヤンキースは40勝24敗で、レイズに並ばれた。

 西地区は大谷のエンゼルスがこの週2勝5敗で、4位に後退した。菊池のいるマリナーズは最下位のままで、首位アストロズから18ゲーム差と離された。中地区はツインズが独走している。

 ナ・リーグは西地区で前田の所属するドジャースが45勝21敗で勝率を両リーグ最高の6割8分2厘として、首位を快走。平野のプレーするダイヤモンドバックスは3位に浮上したが、11ゲーム差を付けられている。

 中地区はダルビッシュのいるカブスが首位に立った。