Snow Man・向井康二の個性的なあだなの命名主は岡田准一!

©株式会社東京ニュース通信社

テレビ東京ほかでは、6月10、17日の2週にわたって「親愛なる、あだな様」(深夜0:12)が放送される。同番組は、日本3大ドヤ街の一つである山谷や、銀座の高級クラブなど癖の強いスポットで、個性的なあだ名の持ち主である“衝撃のあだな様”を大捜索。そうすると個性的過ぎるキャラクターの人々、そして、そのあだなの裏に隠された壮絶な人生ドラマが明らかに。山崎弘也(アンタッチャブル)、大久保佳代子(オアシズ)、向井康二(Snow Man/ジャニーズJr.)、福田典子アナウンサーが出演する。

向井は「あだなと言えば、小学生時代は名前の康二にちなんで『コジコジ』と呼ばれていて、中学生時代には『コジコジ』が逆になって『ジーコ』と呼ばれるようになりました」と振り返りつつ、「今でもKing & Princeの平野紫耀からは『ジーコ』と呼ばれます。ドラマの収録で同じ現場になった(V6の)岡田准一くんからは、『塩こうじ』って命名されました。自分のキャッチフレーズ『みんなの万能調味料こと塩こうじよりも向井康二』にちなんでつけてもらったんです」と自らのエピソードを披露。

また、杠政寛プロデューサーは「『あだな』は言わば、その人のキャッチコピーです。誰もがなじみのある『あだな』を入口に、そのあだながついた理由を掘り下げると、思わぬドラマが…あだなに歴史ありです。60人ものあだな調査隊が足を使って調べてきた、個性的すぎる『親愛なる、あだ名様』たちの人生を、のぞき見ていただけたらと思います」と制作意図を語っている。