2位降格のベッテル「故意にハミルトンを押し出したわけじゃない。大勢のファンがペナルティに不満を感じている」:フェラーリ F1カナダGP日曜

©株式会社サンズ

 2019年F1カナダGP決勝で、フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、トップでフィニッシュしたものの、ペナルティにより2位に降格された。

 ベッテルは、ポールポジションからユーズドミディアムタイヤでスタート、26周目にハードに交換する戦略で走った。

 メルセデスのルイス・ハミルトンからポジションを守りながら首位を走行していたベッテルは、48周目、ターン3で態勢を崩し、芝の上を走り、ターン4でコースに復帰。その際にすぐ後ろを走行していたハミルトンと接触しそうになった。これを審議したスチュワードは、安全な形でのコース復帰をしなかったとして、ベッテルに5秒のタイムペナルティとペナルティポイント2を科した。その結果、ベッテルはトップでチェッカーフラッグを受けたものの、ハミルトンの後ろの2位に降格された。

 ベッテルとチームはこの裁定に強い不満を示しており、チームは控訴を行う意志を表明している。

2019年F1第7戦カナダGP 表彰台のセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)とルイス・ハミルトン(メルセデス)

■スクーデリア・フェラーリ
セバスチャン・ベッテル 決勝=2位
 自分たちはとてもいいレースをしたと思う。スチュワードの決定は厳しすぎる。マシンのコントロールを失い、芝の上をずっと走ってから、ターン4でルイスの前でコースに復帰した。彼がどこにいるのか分からなかった。クラッシュしないようにマシンを動かすことで忙しかったんだ。故意に彼に幅寄せしたわけじゃない。

 今週末の流れを見ると、確かにライバルのレースペースは強力だったけど、僕らが勝者にふさわしかったと思う。今日サーキットに来てくれた大勢のファンも同意見だという印象を受けた。

 カナダのレースは毎年楽しい。皆が熱心に応援してくれるしね。今シーズン初めての優勝をファンにプレゼントできたらどんなによかっただろう。