英メイ氏後継争い、10人で舌戦

与党党首、7月下旬に選出

©一般社団法人共同通信社

ロンドンの自宅を出る英国のジョンソン前外相=10日(ロイター=共同)

 【ロンドン共同】英与党保守党は10日、党首選の立候補受け付けを締め切り、最有力候補で離脱強硬派のジョンソン前外相やハント外相、ゴーブ環境・食料・農村相ら10人の立候補届け出を受理したと発表した。メイ首相の後継を争う顔ぶれがそろい、7月下旬の選出に向け、欧州連合(EU)離脱を巡る姿勢を争点とした舌戦が正式に始まった。

 ジョンソン氏は英紙との事前インタビューで「10月末(の期日)までに離脱を実現しなければ政権交代の危機に直面する」と語った。離脱に懸ける思いとともに、離脱条件などでEU側が譲歩するまで未払い分担金を支払わないとし、強硬姿勢を鮮明にした。