『月曜から夜ふかし』パンチラ連発のVTRに「セクハラ」「くそ気持ち悪い」

©株式会社日本ジャーナル出版/INCLUSIVE株式会社

(C)Kaspars Grinvalds / Shutterstock 

6月10日放送の『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)で長時間、女性がパンツを見せ続ける事態が起こった。VTRを見ていたMCのマツコ・デラックスと『関ジャニ∞』の村上信五はたびたび指摘し続けていたが、番組サイドは放送内容に編集を施すことはなかった。これに視聴者は「下品」などと批判の声を寄せていた。

この日、番組では「言われてみれば見たことがないもの」を検証する企画を実施。このうち麻雀で、指の感触だけで牌の種類を当てる「盲牌」にちなみ、椅子の上に物を仕掛けて女性を座らせ、尻の感触で物体を当てさせる「ケツ盲牌」ができるか確かめた。

挑戦したのはタレントの青山めぐ。「尻は敏感だから大丈夫」と自信に満ちた表情を見せ、その後、受話器、サインペン、スプーン、ルービックキューブ、カスタネット、ルンバを次々と当てていった。

 

「見せパン」が終始丸見え…「ずっと見えてる!」

青山は花柄のミニスカートに身を包んでいた。自身のツイッターアカウントでこの日の衣装を公開している。

しかし、カメラのアングルがやや低かったのか、青山が赤い椅子に座るたびにスカートの奥からパンツがチラチラ見える展開に。VTRを見ながらマツコ、村上は「パンツ見えてる!」「ずっとパンツが見えてるんだけど!」と叫び続けた。番組スタッフによると、パンツは見えても問題ない〝見せパン〟だったというが、この後、透明の椅子に座らせ真下からカメラで撮影したところ、青山の事務所は「カンカン」だったという。村上は「当たり前やろ!」と一喝していた。

男性視聴者は、

《俺は面白いから全然OK派》
《テレビの前に全員集合》
《ケツ盲牌、アホなキャバクラで流行しそう》

などと投稿。終始「パンチラ」が続いたことに興奮していた様子だった。

一方で女性を中心とする視聴者からは、

《ケツ盲牌 放送して大丈夫なん》
《青山めぐちゃんに対するセクハラだけは真面目にくそ気持ち悪いな》
《いつにも増して品がない》
《最近、ネタのレベルダウンが目立ってきてたが、とうとうパンツ見せて数字取ろうとするようになったか…》
《明らかにセクハラというか、いくら本人がOKだとしても悪ノリが過ぎるでしょ》
《ディレクターがパンチラ撮りたいだけじゃん… ニヤけながらしゃべっとるのが腹立つ》

などと呆れていた。

このところ視聴率の苦戦が囁かれる日本テレビだけに、放送倫理など気にしてはいられなかったのかもしれない。

 

【画像】

Kaspars Grinvalds / Shutterstock