にこにこ栄養相談室

北海道京極町 広報きょうごく令和元年6月号

©株式会社VOTE FOR

(貞村管理栄養士)
◆『食を選択する力』が身につくための食育
乳幼児期は、食習慣の確立においてとても大切な時期です。
これまで、学校にあがる前までに伝えたい食育について、各年齢に合わせて事業を開催してきましたが、今年度から学齢期への事業をはじめることにしました。
乳児期から学齢期まで横断的に事業を展開して子どもが様々な体験をすることで、食に興味を持ち、自宅でも料理をする機会が増え、いずれ独り立ちしたときに『バランスの良い食事を自分で選択する力が身につく』ことを食育の目的としています。
今月号では、現在行っている食育事業と、今年度から開始した「学童☆キッチン」の教室の様子をお伝えします。

◇京極町の食育事業(母子関連)

◇第1回 学童☆キッチンの様子
4月24日(水)、学童保育児童を対象とした簡単おやつ作り教室『学童☆キッチン』を実施し
ました。
第1回目の今回は、クレープの生地に生クリームや果物、コーンフレーク、チョコソースなどを自分の好きなようにトッピングしました。試食後は、片付け担当グループの7人が、使用したコップ・皿を洗い、後片付けをしました。

[こどもの反応]
・今回の感想⇒「おいしかった」「楽しかった」「片付けも楽しかった」など
・次回への要望⇒「今度はアップルパイとかホットケーキを作りたい」など
・自宅での調理意欲⇒「生地はどうやって作るの?家でも作ってみたい」など

ご意見、質問はこちらまで!:健康推進課 管理栄養士
【電話】0136-42-2111
【E-mail】kenko@town-kyogoku.jp