サインツJr.「捨てバイザーがブレーキダクトを塞いだせいで、序盤のピットインを強いられた」:マクラーレン F1カナダGP日曜

©株式会社サンズ

 2019年F1第7戦カナダGPが行われ、マクラーレンのカルロス・サインツJr.は11位、ランド・ノリスはリタイアに終わった。

■マクラーレンF1チーム
カルロス・サインツJr. 決勝=11位
残念な形で週末を終えることになった。捨てバイザーがブレーキダクトをふさいで、レース開始早々にピットインを強いられたんだ。ブレーキがひどいオーバーヒートを起こしていたので、すぐにピットに入ってバイザーを取り除く必要があり、それと同時にハードタイヤに履き替えた。

途中、いいペースで走れた部分もあったけど、やはり1セットのタイヤで67周は長すぎて、いつも以上のタイヤマネジメントをしても、ポイント争いには踏みとどまれなかった。今日は僕らの本来の速さを示すことができずに終わった。あの序盤のピットストップさえなければ、かなりのポイントを稼げたと思うんだけどね。

ランド・ノリス 決勝=リタイア

2019年F1第7戦カナダGP ランド・ノリス(マクラーレン)

 リアエンドの何かがオーバーヒートするというトラブルで、リタイアするしかなかった。僕には何が起きたのか見当がつかないし、チームが詳しく調べるまで、正確なところは分からない。ウォールをヒットしたとか、そういうことは一切なくて、思い当たる理由がないんだ。

 本当に残念だよ。それまでは楽しいレースで、序盤にはマックス(・フェルスタッペン)ともバトルができたからね。ポイントを持ち帰れる可能性も十分にあったことを考えると、なおさら悔しい。でも、レースではこういうことが起きるものだ。気持ちを切り替えて、次のポールリカールのことを考えるよ。