「老後報告書」実質撤回へ

麻生金融相、受け取らず

©一般社団法人共同通信社

記者会見する麻生金融相=11日午前、財務省

 95歳まで生きるには夫婦で2千万円の蓄えが必要だと試算した金融庁金融審議会の報告書に関し、麻生太郎金融担当相は11日の閣議後記者会見で、正式な報告書としては受け取らない意向を表明した。「著しい不安とか誤解を与えており、政府のこれまでの政策スタンスとも異なっている」と説明。報告書は金融審の総会を経て麻生氏に手渡されることになっているため実質的な撤回に追い込まれた。参院選を前に年金不安などを招いて不評を買った問題の早期火消しを図る狙いがあるとみられる。

 参院選を控え、報告書に対しては与党内から批判が噴出。自民党は11日、金融庁に抗議を伝えて撤回を要求した。