ライコネン「厳しい週末だった。今後投入するパーツが機能すれば、また入賞を争えるはず」アルファロメオ F1カナダGP日曜

©株式会社サンズ

 2019年F1第7戦カナダGPが行われ、アルファロメオ・レーシングのアントニオ・ジョビナッツィは13位、キミ・ライコネンは15位だった。

■アルファロメオ・レーシング
アントニオ・ジョビナッツィ 決勝=13位

2019年F1第7戦カナダGP アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)

 13位でフィニッシュというのはガッカリだ。レースで順位を挽回するくらいの速さはあると思っていただけにね。ひと言で言えば、ペースが全然良くなかった。

 このところ、特に日曜日の競争力不足が問題で、成績に大きく響いているから、何らかの解決方法を探す必要がある。

キミ・ライコネン 決勝=15位
 厳しい週末であり、厳しいレースだった。ポジションを争えるだけのスピードがなかったからだ。いい感触のラップがあるかと思うと、またすぐにグリップ不足で苦しんだりしていた。まだやるべきことが多い。

 まもなく開発部品が投入される予定だから、それがうまく機能すれば、またポイントを争う位置に戻れるはずだ。