【MLB】大谷翔平、決勝“神の手”生還を監督も称賛「ショウヘイは走れる。優秀なランナー」

©株式会社Creative2

8回に好走塁で勝ち越し点を奪ったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

代打で四球→内野ゴロで決勝点をもぎ取る生還「タフなプレーだった」

■エンゼルス 5-3 ドジャース(日本時間11日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は10日(日本時間11日)、本拠地ドジャース戦で8回に今季初めて代打で出場し、同点の場面で四球を選んだ。その後、三塁まで進むと、1死満塁で内野ゴロの間に快足を飛ばして本塁生還。微妙なプレーにドジャースベンチはチャレンジしたが、判定は覆らなかった。これが決勝点となり、チームは5-3で勝利。ブラッド・オースマス監督は大谷について「優秀なランナーだ」と評価した。

 3-3で迎えた8回だった。大谷は先頭スミスの代打で登場。右腕ケリーからストレートの四球を選んだ。その後、暴投などで1死満塁の大チャンスに。ここでトーバーの打球はボテボテの三ゴロとなった。

 ところが、三塁手マンシーの本塁送球が高くそれ、捕手のマーティンはジャンプして捕球する形に。大谷は快足を飛ばして、ホームへ左手でタッチした。マーティンが着地してホームを踏むのとほぼ同じタイミングとなったが、判定はセーフ。ドジャースはチャレンジしたものの、判定は覆らなかった。

 大谷の足でもぎ取った決勝点。オースマス監督は試合後、「タフなプレーだった。マンシーは少しバランスを崩した送球だった」と振り返った上で「ショウヘイは走れる選手。優秀なランナーだ」と大谷の走力を称えた。

 11日(同12日)、ドジャースは前田健太投手が先発予定。大谷はスタメン出場の予定だ。空振り三振、遊飛の2打数無安打だった昨年7月6日(同7日)以来340日ぶりの対決にも大きな注目が集まる。(盆子原浩二 / Koji Bonkobara)