英首相争い、ジョンソン氏優勢

離脱強硬派の前外相

©一般社団法人共同通信社

英中部バーミンガムでの会合で発言するジョンソン前外相=2018年10月(ロイター=共同)

 【ロンドン共同】英国で与党保守党党首選の立候補者が10日に出そろい、次期首相の座を争うレースが始まった。届け出た10人のうち、保守党議員からの支持を最も獲得しているのが欧州連合からの「合意なき離脱」も辞さない離脱強硬派の重鎮ジョンソン前外相で、他の有力候補らは「本命」への対抗意識をあらわにした。

 英主要紙デーリー・テレグラフによると、保守党所属の下院議員313人のうち、10日夜の時点で少なくとも62人がジョンソン氏を支持しているとみられる。2番目に多いハント外相が35人、3番手のゴーブ環境・食料・農村相が31人で、ジョンソン氏が他候補を引き離している。