枝野氏、同日選前提で準備

老後貯蓄は政府の姿勢争点

©一般社団法人共同通信社

 立憲民主党の枝野幸男代表は11日、日本記者クラブで記者会見し、安倍晋三首相が見送る方向で検討に入った衆参同日選の可能性は否定できないとし、衆院小選挙区を巡る野党の候補者一本化調整を続ける意向を示した。「老後資金2千万円問題」で金融庁審議会報告書を実質撤回するとの政府対応に関し「隠し、ごまかそうとする姿勢が争点だ」と述べ、選挙戦で追及する考えを強調した。

 同日選論に関し「ダブル選がある前提で準備を加速している」と語った。内閣不信任決議案の提出については「最大の武器なので、いつ、どう使うかは使う時に初めて言う」とするにとどめた。