中日2連敗でストップ、大島が8回決勝打&岡田が初勝利 オリ山本は好投実らず

©株式会社Creative2

中日・大島洋平【写真:荒川祐史】

岡田は大ピンチで火消し、オリ山本は7回1失点の好投も…

■中日 2-1 オリックス(交流戦・11日・京セラドーム)

 中日は11日、敵地オリックス戦に2-1で勝利し、連敗を2で止めた。先発の阿知羅が6回途中1失点と好投。8回に大島が決勝打を放った。3番手・岡田に今季初勝利がついた。

 中日は2回、藤井の適時二塁打で先制に成功。阿知羅は5回までわずか2安打で無失点の好投も、6回2死から中川に三塁打を浴び、吉田正を敬遠したところでマウンドを降りた。2番手・谷元はロメロに四球で満塁に。続く小島にも四球で押し出しとなり、同点とされた。

 しかし、ここで登板した岡田は続く小田を空振り三振に仕留め、勝ち越しは許さず。7回も3者凡退に抑えると、8回に2死二塁で大島が勝ち越しタイムリー。8回をロドリゲス、9回をマルティネスとつなぎ、逃げ切った。

 オリックスは先発の山本が7回1失点と好投も打線が援護できず。8回に大島に決勝打を浴びた近藤に黒星がついた。(Full-Count編集部)