イングランド代表、なんと守護神がPKをブチ込む!「火の玉シュート」 がこれ

©株式会社コリー

イングランド代表はUEFAネーションズリーグでスイスを下して3位に輝いた。

0-0のまま迎えたPK戦では、守護神ジョーダン・ピックフォードがなんと5人目のキッカーとして登場。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

GKグローブを外してスポットに立つと、ものすごいシュートを決めてみせた。動画で見るとえぐいぞ!(動画5分から~)

動画を見たい場合はここをタップ!

完全に逆をついただけでなく、コースも完璧!GKが左に飛んでいてもノーチャンスだったはずだ。

【関連記事】「いま世界で最もボール扱いがうまいGK、TOP7」

185cmとGKとしては小柄なピックフォードだが、シュートストップだけでなくフィードにも優れる。そのキックの巧さを見せつけるようなシュートでもあった。

『BBC』によれば、ギャレス・サウスゲイト監督は「彼は我々のなかでいいPKキッカーのひとり」と述べていたそう。

ジョーダン・ピックフォード(イングランド代表GK)

「PKを蹴るのはちょっと緊張した、セーブするのは緊張しないけどね。

(練習はしてきたけれど)実際の試合では一度も蹴ったことがなかったから少し緊張したよ。

他の選手が蹴ると思ったので、自分が(キッカーの)リストに入るか分からなかった。

でも、このために練習してきたし、この日に(PKを蹴るのが)より楽になるためにずっと練習してきたからね」

ピックフォードはイングランド代表GKとして初めて公式戦のPK戦でPKを蹴った(+決めた)選手にもなったとのこと。