大谷が今季7号本塁打 前田から先制弾

©株式会社岩手日報社

ドジャース戦の初回2死、前田健太から先制の7号ソロ本塁打を放つエンゼルス・大谷翔平=アナハイム

 【本紙特派員・小田野純一】米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平(24)=花巻東高=は11日(日本時間12日)、本拠地アナハイムでのドジャース戦で第1打席に先制の今季7号ソロ本塁打を放った。七回には右前打を放ち、3試合ぶりの複数安打を記録した。

 前田健太(31)との日本人対決に3番指名打者(DH)で先発出場した大谷は、初回2死でフルカウントから82マイル(約132キロ)のスライダーを捉え、右中間スタンドにたたき込んだ。

 前田とは昨季対戦し2打数無安打。メジャーでの初安打が本塁打となった。この日の対戦は2打数1安打1打点1三振だった。

 七回2死の第4打席は追い込まれながら87マイル(約140キロ)のチェンジアップを泳ぎながら安打にした。

 試合は5―3でエンゼルスが勝利した。