「年金不足報告」麻生大臣の受け取り拒否で握り潰し!暮らしていけない現実は変わらないのに・・・

©株式会社ジェイ・キャスト

「老後には年金以外に2000万円が必要だ」という金融庁金融審議会の報告書を、麻生副総理兼金融担当大臣は「不安と誤解を与える」として受けとりを拒否するという。「大臣が受けとらない例は知らない」(元金融担当大臣補佐官の岸博幸氏)、「前代未聞です」(番組コメンテーターの評論家、宮崎哲弥氏)という事態になった。

夫65歳、妻60歳以上の夫婦が30年間を年金だけで暮らそうとすると、毎月5万円の赤字が出て、2000万円が足りなくなるというのだが、こんなことは以前から指摘されていたし、国民は「そうだろうな」と特に驚きもしなかった。

ところが、「年金だけで100歳まで大丈夫」と言ってきた政府・与党はごまかしがばれ、参院選挙前ということもあって、大あわてとなった。麻生大臣が受け取りを拒否することで、報告書そのものをなかったことにしようというわけだが、そんなことをしたところで年金不足の現実が変わるわけではない。

自民・公明は追及恐れ予算委員会の開催拒否

司会の加藤浩次「家を売っても2000万円残らないという人は、不安になります」

宮崎哲弥(評論家)「足りないからと投資しろと促す性質の報告書だが、老後資金をリスクの大きな投資に向けさせるべきではありませんよ。ただでさえ信頼されない年金の信頼を、ますます損なった。選挙向けにどう言っても、信頼をなくすだけです」

この問題で野党各党は予算委員会の集中審議を求めたが、与党の自民党と公明党は応じていない。