ウルトラマンA美川隊員“出動” 長岡出身・西さん、新潟で交流

©株式会社新潟日報社

本県初のファンイベントで交流する西恵子さん=8日、新潟市中央区
女優時代の西さん

 昭和40年代後半の特撮テレビ番組「ウルトラマンA(エース)」で美川のり子隊員を演じた新潟県長岡市出身の元女優、西恵子さん(70)を囲むファンの集いが8日、新潟市中央区の飲食店で開かれた。県内外から約30人が参加、西さんの思い出話を聞くなどし、初放映から約半世紀を経た今も変わらぬ番組の魅力を満喫した。

 同市東区で空手道場を営む特撮好きの岩木秀之さん(48)が、ぜひ県人の西さんと交流したいと主催した。

 ウルトラマンAは1972年~73年に初放映。数年後、西さんは結婚で芸能界を引退し長く表舞台に出ることはなかったが近年、ファンとの交歓の場に出るようになった。本県初開催。

 質疑応答で5歳の男の子が「今も隊員ですか」と尋ねたのに対し西さんは「もう年を取ったから隊員は引退したのよ」と答え、会場は笑いの渦。西さんが「新潟万代地区に超獣が現れました。すぐに出動してください」とお決まりのせりふのご当地版を披露すると喝采を浴びていた。

 駆け付けた特撮好きの溝口洋副知事(52)のギター演奏に合わせ参加者全員で主題歌を熱く歌った。

 妻子と参加した同市東区の会社員男性(45)は「貴重な機会で本当によかった」と笑顔。東京都在住の西さんは「新潟県でウルトラのファンと交流でき、うれしい」と喜んでいた。