【MLB】大谷翔平、前田撃ち弾丸V弾「やっぱり嬉しい」初対戦から2188日後の歓喜

©株式会社Creative2

初回にドジャース・前田健太から7号本塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

日本ハム1年目の13年交流戦で初対戦「僕が1、2年目から球界トップの選手」

■エンゼルス 5-3 ドジャース(日本時間12日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は11日(日本時間12日)、本拠地のドジャース戦で「3番・指名打者」で2試合ぶりに先発出場した。初回の第1打席で340日ぶりに対戦した前田健太から先制の右越え7号ソロを放つと、7回の第4打席では右前打。今季初盗塁も決めた。4打数2安打1打点で、3試合ぶり今季10度目のマルチ安打。チームは競り勝ち、2連勝を飾った。

 ド派手なリベンジ弾だった。初回2死、フルカウント。大谷は前田の甘く入ったスライダーを捉えた。右翼席へライナーで消える先制7号ソロ。昨年7月6日のメジャー初対決では2打席凡退。340日ぶりの対決で弾丸アーチをかけた。

「去年は打ち取られているので、何とか序盤に一本出したいなという気持ちでいきました。特に何も待ってなかったです。四球でもいいと思ったので。2アウトだったので、しっかり塁に出ることを考えていました。それほど上がっているわけではなかったので、行ったかどうかはちょっと分からなかったですけど、しっかり入ってくれて良かった」

 打球速度108マイル(約173.8キロ)、打球角度21度、最高到達点60フィート(約18.3メートル)の弾丸ライナー弾。8日の本拠地・マリナーズ戦では花巻東高の先輩にあたる菊池雄星から6号ソロを放っており、日本人投手からシーズン2本塁打を放ったのは日本人初だ。

 自らの成長を感じるには十分な一撃だ。6年前。プロ1年目で18歳・大谷は日本球界のエースに君臨していた前田と13年6月15日の交流戦で対戦。プロ初の3番に抜擢された一戦で最終4打席目で左中間二塁打を放ったが、第1打席から空振り三振、見逃し三振、中飛。「今まで見たことがない」と圧倒されていた。初対戦から2188日後。いつも背中を追いかけ続けてきた右腕から日米通算10打席で初アーチをかけた。

「やっぱりうれしいですね。前田さんは僕が1、2年目の時から球界でトップの選手でしたけど、そういう方とこっちでやるのは楽しみでもありますし、どういう風に感じるのか楽しみにしていきたい」

「前田さんの打席に対して、ほとんど際どいところをある程度見れていた。そこは本塁打を打ったこと、どうこうよりも良かったなと思っています」

 7回2死では3番手右腕バエズから右前へ落として、今季10度目のマルチ安打。カルフーンの打席で二盗を決めて、今季初盗塁をマークした。「1点でも多くいきたいなと思うところなので、行けるときには行ったほうがいい」とクールに振り返った。

大谷は米野球殿堂の館長に就任するティム・ミード広報部長へバットをプレゼント

 この日は米野球殿堂の次期館長に就任するティム・ミード広報部長の最終戦。40年間に渡ってエ軍を支えた男へ、大谷はバットを贈った。逃げ切り勝ち後に、選手たちから清涼飲料水をかけられたミード広報部長は「ショウヘイはいつかきっと野球殿堂に入るだろうけど、その間、このバットをくれたのでクーパータウンに持って行くよ」と笑顔。大谷は「僕が打ったと言うよりも勝って、最後ああいう風にできたというのはチームとしても良かったんじゃないかなと思います。勝たないと盛り上がれないので」と笑顔で送り出した。

 この日は26連戦最終戦。ここ8戦4発と状態を上げてきた。

「基本的にはいいのかなと思っているので。継続するところは継続しながら。改善するところはまだあるので、そこをしっかり改善した時に打席の中で違った見え方があるんじゃないかなと思います」

「日に日に体調面は良くなっていると思います。やっぱりゲームに出続けることで体も動いてきますし、打席の感覚も良くなっているかなと思います」

 13日(同14日)からレイズ、ブルージェイズ、カージナルスと遠征が続く。菊池撃ち、前田撃ちでつかんだ自信を確実なものとする。(Full-Count編集部)