窪田正孝も絶賛! 松田翔太「“ど変態”を上品に演じた」  変態度診断の結果は?

©株式会社フジテレビジョン

登場キャラクターにちなんで出演者の「変態度」を診断!
全世界累計発行部数4400万部を誇る超人気コミックスの実写映画「東京喰種 トーキョーグール【S】」のプレミアイベントが、6月11日に東京・恵比寿で行われ、 窪田正孝さん(30)、山本舞香さん(21)、松田翔太さん(33)ら出演者が登場した。

松田翔太:
すごく爽やかな恋愛映画だったんで。

窪田正孝:
そうですね、確かにそうですね。間違いない。

松田翔太:
そこでね、グッと仲が良くなっちゃって。

窪田正孝:
この作品は恋愛映画なんです。

会場:
(笑)

映画は、人間を捕食する種族「喰種」と人間とのハーフになった青年・金木の物語。第2弾となる今作は、彼を狙う喰種の月山との闘いを描いている。

窪田正孝:
翔太さんがすごいことになっています。ぜひご覧ください。

松田翔太:
最高に“ど変態”な月山をですね、上品に演じましたので。

松田翔太さん演じる新たな敵・月山

この月山というキャラクターにかけて、出演者の「変態度診断」が発表された。
月山を演じた松田さんは70%、窪田さんと山本さんは90%だったが…

山本舞香:
違うよね~

松田翔太は“オープン”な性格?
結果に納得のいかない2人は、撮影現場での松田さんのエピソードを披露。

窪田正孝:
簡単なケータリングとかでも自分だけのお皿があるというよりは、(テーブルの)真ん中で調味料をいきなり1人で並べ始める。

山本舞香:
お菓子だけあると、ジュースを置いたりする。

松田翔太:
誕生日パーティーみたいなのって楽しいじゃん。

山本舞香:
オープンな方だから。

永尾亜子アナウンサー:
全開なんですね。

松田翔太&窪田正孝:
全開って(笑)

3人で仲良くお寿司へ カラオケでは翻訳機を使うも…?
撮影を通して仲が良くなったという3人に「めざましテレビ」が、さらに話を聞いた。

永尾亜子アナウンサー:
食事に行くときは、誰が誘って連絡を取るんですか?

窪田正孝:
翔太さんからとか、舞香が「ご飯に行きたい」って言って、じゃあ空いてるから行こうか?明日とか行ける?みたいな感じで。お寿司とか連れて行っていただいたり。

山本舞香&窪田正孝:
ごちそうさまでした!

松田翔太:
ありがとうございました!

窪田正孝:
でも、その後そこからノリに乗って、みんなでカラオケに行きました。

永尾亜子アナウンサー:
おお~!どういうカラオケになるんですか?

窪田正孝:
翔太さんのお友達もいらっしゃったんですけど、英語をしゃべれる方がいらっしゃって。(松田翔太が)ずっと英語をしゃべっていたんですよ。

カラオケに合流した松田翔太さんの友人は、イギリス人の男性だったそうで…

山本舞香:
英語も全然聞き取れないしね。

窪田正孝:
そう、何言ってるか全然分からないから。「じゃあ、うちらで歌っていようか」って。

松田翔太:
なんか翻訳機みたいなの使っていたよね。

山本舞香:
翻訳機を使うんだけど、壊れていたのかな。全然伝わらなくて。

松田翔太:
ずっと口説かれていたもんね。

山本舞香:
ずっと口説かれてた。

窪田正孝:
はははは!(笑)

先々の予定よりも当日や翌日の方がスケジュールが合いやすいという3人は、焼き鳥などを食べに行くのだという。

映画は7月19日に公開される。

(「めざましテレビ」6月12日放送分より)