『泣くな赤鬼』柳楽優弥×兼重淳監督インタビュー|俳優・柳楽優弥の魅力「“役を深くする人”」

©映画ランド 株式会社

『泣くな赤鬼』
柳楽優弥×兼重淳監督インタビュー

(左から)兼重淳監督、柳楽優弥

「ビタミンF」「とんび」「その日のまえに」「流星ワゴン」など多数の著書が映像化される、ベストセラー作家・重松清。教師と生徒の関係を描き続けてきた著者が、“特に教師濃度の高い作品集”と語る原作『せんせい。』所収の「泣くな赤鬼」は、陽に焼けた赤い顔と、鬼のような熱血指導から「赤鬼先生」と呼ばれていた城南工業高校野球部監督・小渕隆が、かつての教え子の“末期がんで余命半年”という知らせを受け奮起するさまを描く感動作。

映画ランドNEWSでは、堤真一扮する赤鬼先生の元教え子・斎藤智之(愛称ゴルゴ)役の柳楽優弥と、監督・脚本を務める兼重淳の2人に、作品の魅力や“恩師”の存在について話を伺った(取材・文:矢部紗耶香/撮影:ナカムラヨシノーブ)。

──今回、柳楽さんと作品でご一緒されて、新たに気付いた魅力を教えてください。

柳楽優弥

兼重監督:すごく真摯で、作品に真面目な方だと感じました。外見だけでなく、内面も含めて“役を深くする人”だと僕は思いました。

──兼重監督の作品は、内面の動きをとても魅力的に描かれている印象があって、今作でもその部分をすごく感じました。

兼重監督:(原作は)短編なので、バックボーンがあまり書いてないんですよね。

──柳楽さんがもともと持っている魅力を役に反映しつつ、という感じだったのでしょうか。

兼重監督:そうですね。大人になってからのことは特に書いていないんですよ。今回はその部分を足して、柳楽さんだったらやってもらえるかなと思って描きました。自暴自棄になってお母さんにあたるところとか、評判もすごく良いので、やっぱりあのシーンは「柳楽さんならではだな」と思っているんです。「あのワンカットは震えました」という男の人がすごく多くて。他の人でやったらああはならないし、柳楽さんだからこそだったと思います。

柳楽:あのシーン観るのすごく恥ずかしいんですよ(笑)。あのセリフの感じが。

兼重監督:あのシーンは柳楽さんがクランクインの日で、柳楽さんを初めて撮ったカットだったんです。あそこから入るって有り得ないですよね(笑)。

──すごいですね。とても緊張感のあるシーンでした(笑)。

(左から)兼重淳監督、柳楽優弥

柳楽:数日前は(兼重監督が)「テーブルに乗っているものを全部どかすぐらいにやってもらおうかなって思ってるんです」と言っていたんですけど、現場に入ったら「座っていていい」と言われて(笑)。変わってる・・・!って思って(笑)。あれはちょっとビックリしましたね。ワンカットですし(笑)。

兼重監督:「割っても大丈夫なお皿を用意しますから」とか言っていた気がします(笑)。今回の現場は、「こう思っています」というのを伝えて、それ以降は皆さんのアイデアをもらいつつ、読み取ってもらったものをまずやってもらって「もっとこうしましょうか」とか、「もっとこうでも良いですか?」という風な感じでしたよね?

柳楽:そうですね!

兼重監督:川栄李奈さんや、キムラ緑子さんからも「これだと気持ちが伝わらないから、こういう言い方で良いですか?」みたいなアイデアの提案もありました。

──柳楽さんから見た、兼重組の現場はいかがでしたか?

柳楽:とても居心地が良かったです。もちろん緊張感とかもあるんですけど、すごく自然に現場に居られる感じというか。全く撮影していないところから「あ、もう撮影始まってるのか」と思うくらい自然なんです。「ヨーーーイ、スターーート!!!バン!!!」みたいな感じじゃないところが、僕は居心地が良かったです。

──現場にいるスタッフ、キャストの皆さんもそういう空気なのでしょうか?

(左から)兼重淳監督、柳楽優弥

柳楽:すごいです。(兼重監督に)あれは何か意識されているんですか?

兼重監督:そうですね。でも撮影するシーンの内容によっては「ぼちぼち皆さん静かにしようか」みたいな時とか、俳優さんが集中する時とかは静かにするようにしていますけど、逆に頭から「今日こういうシーンだから」と緊張して張りつめた感じでやると疲れちゃうじゃないですか(笑)。だから話をしながら、本番に向けて雰囲気を作っていく。そういうスタッフばかりなので、自然とそういう空気になっているんだと思います。

──素敵な現場ですね。

柳楽優弥

兼重監督:あと、柳楽さんでいうと、録音の大竹修二さんがいてくださったのが大きかったかなって。

柳楽:映画『誰も知らない』(2004年公開/柳楽優弥は第57回カンヌ国際映画祭にて最優秀主演男優賞を受賞)の時、大竹さんが録音助手だったんです!

兼重監督:今回、録音技師として入ってくださって。

柳楽:「柳楽は緊張するとセリフが早くなるから、兼重さんにちょっとゆっくり喋ってくれって言うんだよ、俺は」と言っていて、やっぱりすごいなって思いました(笑)。

兼重監督:大竹さんは、柳楽さんを見る目がちょっと違っていて、すぐ泣くんですよ。

柳楽:(笑)。

兼重監督:一時退院して家に帰ってきて「やっぱり家はいいな~」と言うシーンで、隣を見たら大竹さんがいて「父親になったな〜アイツも」と言って泣いていたんです(笑)。そういう関係性からも、現場の雰囲気が作られていたんじゃないかなと思います。

──今回、ゴルゴの役はダブルキャストで撮られていますが、感情の揺れや瞳の奥まで一本の線で繋がっているようでした。監督が演出でこだわったことをお聞きしたいです。

(左から)兼重淳監督、柳楽優弥

兼重監督:学生時代を演じた堀家一希くんは、とにかく「柳楽さんと一緒に居る」ということを伝えました。野球の練習も一緒にやってもらったし、本読みでも彼のシーンではなく、柳楽さんのシーンをやっているのを見せたりとか。柳楽さんが本番の時に、出番がなくても僕の隣に居てもらって「ゴルゴには、こういう癖あるよね」というのを話したのは覚えています。

──そうして細かい感情や表情の揺れ動きが繋がっていったのですね。

兼重監督:おかげで僕の中で、柳楽さん演じるゴルゴが見えてきたので、堀家くんのパートになってもブレなかったのかなと思います。彼自身、柳楽さんが演じているのを見て、芝居を寄せていっているので、そういう部分がそう感じていただけるポイントだったのかなと。逆に竜星涼さんは、撮影日数も少なかったので、逆のアプローチでした。武藤潤くんが演じた映像を編集して、「こういう少年なんで、こうしてください」と言って全部観てもらったんです。

──柳楽さんは、同じゴルゴを演じた堀家さんの芝居を観て、いかがでしたか?

柳楽:最高でした。橋の下のシーンとかすごく良いなって。僕、割とゆっくり話す時があるんですけど、口調も似ていて(笑)。もうビンゴでした!

兼重監督:花火で遊んでいる時とか、柳楽さんスイッチが入る感じだったんですよ。急に表情がフッと寂しそうな感じになって。橋の下もそうだけど、「すぐマジになるんだから」と言うところとかも。

柳楽:うんうん。

──最後に、お2人にとって、先生や恩師はどのような存在でしょうか?

柳楽優弥

兼重監督:今まで現場で就かせていただいた多くの監督方が先生のような存在なので、皆さんから学ばせていただいたことを今、現場で活かしています。

柳楽:たくさんいます。例えば蜷川幸雄さん。初めて舞台に立たせてくれた方や、新しくチャレンジする場をくれた方に対して有り難いという想いがあります。やりたかった仕事や、良い作品に参加させてもらっているというのは本当に嬉しいことです。

──ありがとうございました!

柳楽優弥 サイン入りチェキを抽選で2名様にプレゼント!

柳楽優弥

映画ランドNEWS読者へ柳楽優弥 サイン入りチェキを抽選で2名様にプレゼント!以下、応募方法及び応募フォームから必要事項を明記してください。

当選者数:2名様
応募締切:2019年6月21日(金)正午まで
__発送予定:7月上旬
※当選は発送をもって発表とさせていただきます。
__

__【応募方法】
STEP1:映画ランドアプリダウンロード__

STEP2:応募フォームに必要事項を明記

STEP3:Twitterの投稿をRTで当選率UP!

『#泣くな赤鬼』柳楽優弥×兼重淳監督インタビュー|俳優・柳楽優弥の魅力「“役を深くする人”」 @nakunaakaoni @ichigoichie_yy @seagull429 #柳楽優弥 #兼重淳

フォトギャラリー/写真14枚https://t.co/UPDk047LWR pic.twitter.com/HRa2xsEQgy

— 映画ランド (@eigaland) 2019年6月12日

映画『泣くな赤鬼』は6月14日(金)より全国公開

(C)2019「泣くな赤鬼」製作委員会

取材・文:矢部紗耶香/撮影:ナカムラヨシノーブ