東栄っこ通信

愛知県東栄町 広報とうえい2019年6月号

©株式会社VOTE FOR

【小学校】
■6年生のリーダーシップ
家庭訪問期間中、午後はクラブや指導会練習、一輪車練習が行われます。中日となる水曜日に休養日を設け、この日は全校でのエンカウンターを行い、数種類のエクササイズに取り組みました。
「バースデーリング」は、一言も話さずに誕生日順に輪を作ります。6年生が誕生月を表す指を高く掲げ、集まりやすくしてくれました。
結果は…100人を超える人数では難しかったです。その後は、全校縦割り班による読み聞かせを各教室に分かれて行いました。どの教室も6年生の思いやりのある語り口調に下級生は釘付け。真剣なまなざしがすてきでした。
4月終わりに児童会執行部企画の「1年生を迎える会」が行われました。1年生へのインタビューやゲームなど、楽しいひと時でした。企画・運営はもちろん、準備や片付け、下級生への声かけなど、6年生全体で学校を引っ張ってくれています。

【中学校】
■生徒会活動を活発に
5月9日(木)に生徒総会がありました。生徒会長の夏目爽良君を中心に、各委員会の委員長6名とともに学校を活発にしていこうとする提案がされました。
今年度の生徒会スローガンは「全力+協力+行動力=東中生」です。一人一人が力を出し切る。お互いに支え合う。自分から積極的に動き出す。以上の3つが当たり前にできる東中生を目指そうという意味が込められています。
執行部では、役員5名がそれぞれ2つの企画を全校に提案しました。美化委員会は花壇や外掃除について、体育委員会は運動場の整備やスポレクについて、保健委員会は早寝早起きと衛生面の強化を、給食委員会は毎日の給食と会食について、情報委員会は楽しい放送などについて、図書委員会は図書館をたくさん利用する方法について、それぞれ提案がありました。
最後の質問の時間には多くの生徒が手を挙げ、各委員会の活動をよりよくしていこうとする気持が見られました。
まずは前期、活発な生徒会活動により、東栄中学校が今以上に元気になることを期待します。