リヴァプール、2019-20新アウェイユニフォーム発表!「1977」へのオマージュ

©株式会社コリー

英プレミアリーグのリヴァプールとキットサプライヤーのNew Balanceは7日、2019-20シーズンに向けた新アウェイユニフォームを発表した。

18-19シーズンのチャンピオンズリーグを制覇し、実に14年ぶりの優勝を成し遂げたリヴァプール。この新しいアウェイキットは、かつてCLを制覇したチームに敬意を表している。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

2019-20シーズンの新ユニフォーム情報はこちら!

Liverpool 2019-20 New Balance Away

NEWアウェイキットのデザインは、リヴァプールの街のストリートサイン(標識)にインスパイアされてる。色は18-19シーズンはパープルとは打って変わり、今回は定番のホワイトで彩る。

また今回のデザインは、1977年のチームに敬意を表している。名将ボブ・ペイズリー氏が率いたチームは1977年のチャンピオンズカップ(現CL)決勝でボルシアMGに3-1で勝利。悲願の初優勝を達成した。

パンツはネイビーを基調とし、ソックスはホワイトとネイビーのカラーコンビネーションに。ソックスの前面には“L.F.C.”の文字が入る。

GKアウェイキットも同時に発表された。鮮やかなグリーンを基調とし、袖の差し色やスポンサーロゴなどをブラックで彩る。

ホームキットと同様に、首元の内側にはボブ・ペイズリー氏の直筆サインをプリント。19-20モデルはペイズリー氏の生誕100周年を記念している。

ユニフォームのリリースと同時に、クラブとNew Balanceは選手をモデルに起用したイメージ写真を公開した。

2019-20シーズンは欧州王者として、このユニフォームでCL連覇を目指す。