カイリー・アービングが来シーズンの契約をオプトインしないことを明言

©楽天株式会社

セルティックスのカイリー・アービングが、来シーズンの契約をオプトインしないことを明言した

ボストン・セルティックスのカイリー・アービングが、来シーズンの契約をオプトインせず、今夏に完全フリーエージェントになることを明言した。

The Athleticのシャムス・シャラニア記者によると、アービングは2019-20シーズンのプレイヤー・オプションを行使せず、現地6月30日に解禁されるフリーエージェント市場に打って出るそうだ。セルティックスは、アービングがオプトアウトすることは既に予想済みだったので、早くもアービングの引き止めへとチームのプランをシフトしているようだ。

今シーズン、アービングは1試合平均23.8得点、6.9アシスト(キャリア・ベスト)、フィールドゴール成功率48.7%、3ポイントシュート成功率40.1%という素晴らしい成績を残した。また、彼は過去に2度のオール・NBAチームへの選出、1度の優勝、オールスター・ゲームのMVP、6度のオールスター選出、そして新人王といった数々の栄誉を誇っている。

セルティックスのダニー・エインジ球団社長は、1週間前に行った記者会見の中で、アービングとの再契約について以下のように語っていた。

「彼との今シーズン最後の話し合いは、良い内容だった。だが、彼と再契約できるかどうかは、正直なところ分からない。彼とは引き続き交渉を続けているので、それがどういう結果になるか見守らなければならない」

その会見で記者から「アービング側からセルティックスには戻りたくないという話は出たか?」という質問が飛ぶと、エインジ球団社長は「そのような話は無い」と答えていた。

1

(C)2018 NBA Entertainment/Getty Images. All Rights Reserved.