西日本中心に気温低く 日本海側は日照多い 1か月予報

©株式会社ウェザーマップ

1か月予報(6月15日~7月14日の平均気温)。出典:気象庁HP

気象庁は13日、向こう1か月(6/15~7/14)の天候の見通しを発表した。西日本は今後1週間ほどは少雨の状態が続く所があり、今月下旬にかけては気温がかなり低い所がありそうだ。

低温に関する情報も

低温に関する異常天候早期警戒情報が発表されているエリア。

 週ごとの予報によると、1週目(6/15~21)は、北・東日本では低気圧の影響で平年と同様に曇りや雨の日が多いが、西日本は前線の影響を受けにくく、平年に比べ曇りや雨の日が少ない見通し。

 なお、冷たい空気の影響で東・西日本では低温傾向となり、特に近畿や中国、四国地方は18日(火)からの1週間ほどはかなり低くなる見込み。このため、気象庁はこれらの地域に「低温に関する異常天候早期警戒情報」を発表して、農作物の管理等に注意するよう呼びかけている。北日本は寒気の影響を受ける一方、低気圧の前面で暖気が流れ込むため、気温は平年程度の値におさまるものとみられる。

月末から梅雨らしく

1か月予報(6月15日~7月14日の降水量)。出典:気象庁HP

 2週目(6/22~28)は、前線が平年より南に位置すると考えられ、北日本と東・西日本の日本海側は平年に比べ曇りや雨の日が少ない予想。また、気温は北~西日本で、低温傾向が見込まれる。一方、沖縄・奄美は、前線や湿った気流の影響を受けやすく、平年に比べて曇りや雨の日が多くなりそうだ。

低温に関する異常天候早期警戒情報が発表されているエリア。

 3~4週目(6/29~7/12)になると、前線の位置は東・西日本付近となり、全国的にようやく平年と同様の天候となる見通し。気温は、ほぼ平年程度の地域が多い予想だが、沖縄・奄美は平年と同様に晴れの日が多く、暖かい空気に覆われるため高温傾向が見込まれる。なお、平年の梅雨明けは、沖縄は6月23日頃、奄美は6月29日頃となっている。