少年隊・植草、ジャニーズ事務所の入り口で警備員に止められる「タレントです!」

©株式会社ドットレンド

(※イメージ画像)

少年隊の植草克秀が6月12日放送のフジテレビ系「TOKIOカケル」に出演し、ジャニーズ事務所で警備員に止められたというエピソードを明かした。

植草は1985年に少年隊のメンバーとして「仮面舞踏会」でデビュー。現在のジャニーズ事務所では近藤真彦や同じ少年隊の東山紀之らに次ぐ古株で、TOKIOの先輩にあたる。この日の番組では、植草とTOKIOメンバーとの思い出話やジャニーズの伝統「君付け」の話などに花が咲いた。

番組終盤、国分太一が「植草さん、最近(ジャニーズ)事務所には行ってますか?」と質問すると植草は「行ったよ」と返答。2016年に新しくなった事務所について城島茂が「セキュリティーが凄いですよね」というと、植草は「半端ないよ。カード無いと入れない。俺も入ろうとしたら(警備員が)『カード下さい』って。マネジャーが『タレントです!タレントです!』って言って入れてもらった」と明かした。

植草の告白に対し、松岡昌宏が「いよいよあれですね、警備の人も(植草が)ジャニーズ事務所の人ってわからなくなってる」ときついツッコミ。スタジオを爆笑させた。