西条バードウォッチングNo.166

愛媛県西条市 広報さいじょう2019年6月号

©株式会社VOTE FOR

■ツバメ(夏鳥)
全長17cm、夏鳥として3月ごろ東南アジアから渡来、農耕民族である日本人にとってツバメは害虫を食べてくれる益鳥として大切にされ、軒先に巣を作る家は繁栄するといわれて親しまれてきました。6月ごろには電線に止まった子ツバメに餌を与える様子が見られます。夏には河川敷のアシ原に群れでねぐらを作り、やがて南方へと旅立っていきます。