川崎汽船/グループの環境アワード2019を発表

©株式会社ロジスティクス・パートナー

川崎汽船は6月13日、川崎汽船グループで働く役職員が取り組む優れた環境保全貢献活動を表彰する「“K”Line Group 環境アワード2019」表彰を実施したと発表した。

<明珍社長(右から2番目)から最優秀賞を授与(ダイトーコーポレーション)>

<明珍社長(右)から最優秀賞を授与(“K” Line Americaの代理で横山執行役員(左)が受領)>

<“K”Lineグループ受賞者一同>

2015年の創設から5回目を迎えた今回も、国内外のグループ会社から多数の応募があり、「独創性」「難易度」「環境貢献度」「継続性」「波及性」等の観点から選定された最優秀賞2件、優秀賞5件の活動が、明珍幸一社長によって表彰された。

最優秀賞には、「コンテナターミナルでのトレーラーの待ち時間短縮による燃料消費量削減」(ダイトーコーポレーション)と「北米東岸減速航行プログラムGREEN JOURNEY AWARD受賞」(“K” Line America, Inc.)が選ばれた。

「コンテナターミナルでのトレーラーの待ち時間短縮による燃料消費量削減」では大井埠頭周辺でトレーラーの順番待ちによる交通渋滞が生じていたが、待ち時間削減のために空コンテナの処理効率アップに焦点を絞った設備や手順の改善を行った結果、待ち行列の長さを一日平均908m、待ち時間を46分短縮する効果を得た。これはアイドリングで発生する一日当たりの燃料消費量が67.6L(想定値)以上削減された効果となる。

「北米東岸減速航行プログラムGREEN JOURNEY AWARD受賞」では、ニューヨーク/ニュージャージー州港湾当局の減速航行プログラムClean Vessel Incentive Programへ川崎汽船運航船舶の参加を促し、プログラム参加船社20社の中から最上位(1社のみ)の賞“Green Journey Award”を受賞したもの。同賞は今年創設されたもので、同社が第1回目の受賞者。北米各地での減速航行プログラムにはこれまでも継続して取り組んできたが、この取り組みが環境面に貢献し、栄えある賞を受賞するまでに至ったことを評価した。

そのほか、優秀賞には、「グリーン経営・ エネルギー効率化活動」(シーゲートコーポレーション)、「5S活動の取組み」(日東物流)、「ホテルで発生する不要石鹸のリサイクル」(Century Distribution Systems Inc. (Hong Kong))、「海洋生物多様性への意識づけ」(サンゴ植樹活動サポート)(“K” Line Ship Management (Singapore) Pte Ltd.)、「水島港クリーン作戦への参加」(日東タグ)が選ばれた。