『バットマン』執事アルフレッドの若き日がドラマに!予告編公開

©株式会社シネマトゥデイ

若アルフレッド、イケメン! - 画像は「ペニーワース(原題)」Instagramのスクリーンショット

 バットマン/ブルース・ウェインの忠実なる執事アルフレッド・ペニーワースの若き日を描くドラマ「ペニーワース(原題) / Pennyworth」の海外版予告編が公開された。ハンサムで快活、チャーミングで頭の切れる20代のアルフレッドにふんしているのは、映画『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』のジャック・バノンだ。

【動画】アルフレッドが若い!「ペニーワース(原題)」予告編

 1960年代のロンドンを舞台に、イギリス特殊空挺部隊を除隊し、警備会社を立ち上げたアルフレッドの姿を描く本作。今回公開された予告編では、ブルースの父親トーマス・ウェイン(「Fleabag フリーバッグ」のベン・オルドリッジ)との出会いや、二人が巨大な陰謀に巻き込まれていくさまがアクションシーンの数々とともに映し出される。ビシッとスーツ姿で決めたペニーワースは、素手で、銃で、大立ち回りを見せている。

 バットマン誕生前の犯罪都市ゴッサム・シティを舞台に若き日のジェームズ・ゴードン刑事を描いたドラマ「GOTHAM/ゴッサム」のブルーノ・ヘラーダニー・キャノンが製作総指揮を務めているだけに、本作も期待できそう。現地時間7月28日より米ケーブル局Epixで放送される。(編集部・市川遥)