運転免許も旧姓併記可能に

住民票に合わせ11月以降

©一般社団法人共同通信社

現行の運転免許証

 政府が進める女性活躍推進の一環として11月5日から住民票への旧姓併記が可能になるのに伴い、警察庁が、運転免許証も旧姓を記載できるようにする方向で準備を進めていることが13日、分かった。免許証は個人の「身分証」としても使われるため、識者からは、旧姓併記により職場や銀行口座開設などの際に旧姓を使いやすくなるとの指摘も出ている。運用の詳細は通達で取り決め、各都道府県公安委員会に周知するという。

 免許証の再交付に関する規定を見直した改正道交法が11月以降に施行された後、旧姓が併記された住民票を運転免許センターなどで提出して申請すれば、旧姓記載で再発行される。