首相、イランに米国人解放を要請

トランプ大統領の依頼で

©一般社団法人共同通信社

イラン訪問を終え、帰国した安倍首相=14日午前、羽田空港

 安倍晋三首相がイラン訪問の際、同国が拘束している複数の米国人の解放を要請したことが14日、分かった。トランプ米大統領の依頼を受けた。日本政府関係者が明らかにした。首相は14日午前、政府専用機で羽田空港に帰国した。

 イランでは、禁錮10年の判決を3月に受けた米海軍退役軍人ら少なくとも4人が収監されている。首相は6月12日にロウハニ大統領、13日に最高指導者ハメネイ師と会談しており、こうした際に解放を求めたとみられる。イラン側の反応は明らかになっていない。

 首相は日本の現職首相として41年ぶりのイラン訪問で核開発を巡って対立する米国との緊張緩和を働き掛けた。