「周りに相談できない」妊娠に悩む10代をサポート 通院に付き添いも

©株式会社沖縄タイムス社

会見するおきなわ子ども未来ネットワーク

 おきなわ子ども未来ネットワークは12日、望まない妊娠や予期せぬ妊娠に悩む10代を支える事業「若年にんしんSOS沖縄」を始めた。妊娠の可能性がある県内の10代女性の相談を受け付け、妊娠検査薬の提供や産婦人科の初診費用の負担などの支援する。

 石垣島と宮古島を含む県内各地に助産師や福祉関係者など27人のサポーターを配置。メールなどで相談を受け付け、妊娠の可能性があればサポーターが本人の所に出向き妊娠検査薬を無料で提供する。産婦人科への同行者がいなければ、初診費用を負担し通院にも付き添う。

 妊娠していて出産を希望する場合、産後も含めて相談に乗り、子育て環境づくりや養子縁組制度の紹介など、本人の意思に沿って母子の自立を手助けする。出産しない場合も、保護者とのやりとりや手術前後の相談に乗る。検査薬を使用した結果妊娠していなくても、避妊法などをアドバイスする。

 県庁でネットワークの山内優子代表理事らが会見し、県内の若年妊娠・出産の課題解決に向け理解を呼び掛けた。

 県内の10代の出産割合は全国平均の約2倍。「周りに相談できない」「病院に行く費用がない」などの理由から、母体への負担や金銭的負担が大きい妊娠中期以降の中絶が多いという。

 山内代表は「若年妊娠や出産は若者や女性だけの問題ではない。どんな環境で生まれても母子が共に自立できるよう、県全体で支えていくべきだ」と話した。市役所や学校などにポスターを配布し、事業の周知を図るという。

 相談はメールかラインで受け付けている。メールアドレスはmiraisincere@gmail.comか、okinawamirai@snow.ocn.ne.jpa

LINEの「若年にんしんSOS」QRコード