胆沢城跡公園 29日開園 奥州市、熱気球搭乗など行事予定

©株式会社岩手日報社

正門である外郭南門周辺の築地が復元された胆沢城跡歴史公園

 奥州市が同市水沢佐倉河に整備していた胆沢城跡歴史公園は29日、オープンする。胆沢城の正門に当たる外郭南門周辺の築地などを復元。建造物などの再現CGを現在の風景に重ねて映し出す「拡張現実(AR)」機能を使い、当時の趣を疑似体験できる。入場無料。

 築地は高さ約5.4メートル、長さは東西に各約15メートル。スマートフォンなどに専用アプリをダウンロードすると、スマホ画面上で、南門などを再現した画像を現実の風景に重ねて楽しむことができる。アテルイや坂上田村麻呂も登場し、往時を追体験する趣向だ。

 29日には現地でオープニングイベント(実行委主催)を催す。午前7時から熱気球の搭乗体験、同9時半には開会行事を行う。同10時からは陸前高田市出身の俳優村上弘明さんの一人芝居・トークショーを予定。地元の佐倉河小児童は合唱を披露する。

 問い合わせは市教委歴史遺産課(0197.34.1316)へ。