葬儀仲介会社が景品表示法違反

「追加料金なし」は虚偽

©一般社団法人共同通信社

 消費者庁は14日、葬儀仲介会社「よりそう」(東京)が「追加料金は不要」「低額で葬儀ができる」と宣伝したのは虚偽で、実際は追加料金がかかるとして、景品表示法違反(有利誤認)と認定し、再発防止命令を出した。

 同庁表示対策課によると、「よりそう」は2017年8月~今年6月、三つの葬儀プランについて、サイト上で「全てセットの定額」「格安葬儀プラン」などと宣伝した。実際はドライアイスを追加したり、式場の利用料が5万円を超えたりした際などに追加料金が発生した。

 同社の担当者は「措置命令を真摯に受け止め、再発防止に努める」とコメントした。