中村倫也が人たらしの安良城ゴン役!「凪のお暇」高橋一生のライバルに!?

©株式会社東京ニュース通信社

TBS系で7月期放送の連続ドラマ「凪のお暇(なぎのおいとま)」(金曜午後10:00、開始日未定)に中村倫也が出演することが決まった。人生をリセットする主人公・大島凪(黒木華)が住むアパートの隣人で、すべての女子をとりこにする安良城ゴン役を演じる。

ドラマはコナリミサト氏の同名漫画を原作に、周囲の顔色を伺いながら生きることに疲れた家電メーカーのOL・凪が、会社を辞め、借りていたマンションの一室を引き払い、彼氏の我聞慎二(高橋一生)とも連絡を絶ち、人生をリセットする物語。脚本はドラマ「花燃ゆ」「あなたには帰る家がある」などを手掛けた大島里美氏が担当する。

中村が演じるゴンは人たらしのイベントオーガナイザーで、腕には入れ墨があり、毎晩クラブ仲間と部屋で飲み騒いでいて、どこか危険な匂いのする男。はじめは警戒していた凪だったが、やがてゴンが持つ優しく温かい空気に心を許していくという役どころになる。

中村は「原作・台本を読ませていただき、登場人物たちがとても個性的でそれぞれ葛藤や悩みを抱え、自問自答しながら必死で生きていく姿に不思議とほっこりしました」と物語の世界観に引き込まれているようで、「僕が演じるゴンという役は、凪が住んでいるアパートのお隣さんで、一見ヤバそうな雰囲気を醸し出しているのですが、実はとても優しく穏やかな性格。悩みなんてないように見えますけど、実は周りから自分を理解してもらえないという悩みがあって。表面だけでは分からないゴンが抱えている孤独感をしっかり背負いながら演じていけたらいいなと思っています」と役柄をアピールしている。