オリ連夜の逆転劇で2連勝、“西&藤川撃ち”で8回一挙4点! 阪神は逆転負けで連敗

©株式会社Creative2

先制2ランホームランを放ったオリックスのロメロ【画像:(C)PLM】

8回に福田の適時打、ワイルドピッチ、西野の2点タイムリーで一挙4点を奪い逆転

■オリックス 6-4 阪神(交流戦・14日・京セラドーム)

 オリックスは14日、本拠地・京セラドームで行われた阪神戦を6-4で勝利し2連勝を飾った。2点を追う8回に福田のタイムリー、相手のワイルドピッチで同点に追いつと西野が2点タイムリー三塁打を放ち逆転に成功した。

 終盤に大逆転劇が待っていた。2点を追う8回無死一、三塁から福田が左前タイムリーを放ち先発・西を引きずり下ろすと、1死満塁から代わった藤川のワイルドピッチで同点。ロメロは空振り三振に倒れたが続く西野が右越へ2点タイムリー三塁打を放ち勝ち越しに成功。この回一挙4点を奪い試合をひっくり返した。

 阪神は古巣相手に先発した西が7回1/3、6安打5失点で6敗目を喫した。(Full-Count編集部)