中部のスーパー 環境保全へ「脱プラ」加速 進むレジ袋有料化 環境配慮の新商品

©株式会社中部経済新聞社

イオンリテールが中部の店舗で販売する紙製ストローと木製スプーン

地球環境保全のため、プラスチックの削減機運が世界的に高まっている。日本では環境省がプラスチック製レジ袋の無料配布を禁じる法令を制定する方針を表明した。中部のスーパー各社はレジ袋の無料配布を中止する店を拡大。有料化を定着させ、地域の環境意識を高めている。これにとどまらず、PB(プライベートブランド)商品をプラスチック製から紙や木材製に切り替える動きも出てきた。