夫婦で吟味して決めた抱っこ紐がこちら!背の低い私にもピッタリ

©株式会社サンケイリビング新聞社

吟味して購入した抱っこ紐がこちら!

はじめての出産を控え、少しずつ準備を始めたかめかあさんと申します。ベビーグッズの中でも、なかなか決められなかったのが抱っこ紐でした。

いろいろと調べて、試着して、ついに「napnap ベビーキャリー BASIC メッシュドライ」を買いました!

プロの保育士さん、整体師さん、子育てママが一緒に作ったという日本製の抱っこ紐、napnap(ナップナップ)。

私たち夫婦なりの決め手をランキング形式で紹介します!

1. 背が低くても安定感あり

私は150cmと背が低いので、ほかの抱っこ紐だと少しブカブカな感じがしました。抱っこ紐は、赤ちゃんの安全面からもフィット感が大切。

日本製のnapnapは、小柄な私がつけても安定感・安心感がありました!

2. 涼しいオールメッシュ

北海道育ちで暑さに弱い私にとって、通気性の良さは必須条件でした。新商品のメッシュドライは、ポケットを外すとオールメッシュになるのです。

これは赤ちゃんにとっても私にとってもありがたい!これで夏にもたくさんお出かけできそうです。

ちなみにカラーはブラック・ネイビー・グレーがあり、グレーを購入しました。

3. コンパクトで軽い600g

赤ちゃんはどんどん大きくなるので、抱っこ紐自体が重いと身体の負担になるそう。夫婦でいくつも試着しましたが、napnapはつけた瞬間「軽っ!」とびっくり。

コンパクトでシンプルなデザインも私たちの好みでした!

4.お手頃価格

napnapは新生児パッドをつけても、同じくらいの性能のほかの抱っこ紐よりかなりお手頃。

本体が税込みで10800円、新生児パッドが2880円でした。(抱っこ紐とパッドを同時購入すると割引もあるそうです)なんだかんだでお金がかかる今、コスパが良いのはありがたいです!

5.日本人の骨格に合わせて設計

日本人の骨格に合わせて作られたnapnapは、赤ちゃんの自然な姿勢をキープできるそうです。

napnapは、全国のベビー用品店バースデイで取り扱いがあるほか、公式オンラインショップで購入が可能です。

私たちは店舗で試着したあと家で話し合い、公式オンラインショップから購入しました(送料無料でした)。

わが子が生まれるまであと2カ月ほど。家でエア抱っこ紐をしては「早くだっこしたい!おんぶしたい!」と楽しみに待つ日々です。

(文/かめかあさん)