日ハム杉谷、スクイズ失敗も汚名返上の追撃打「最後まで諦めずに一丸」

©株式会社Creative2

日本ハム・杉谷拳士【写真:石川加奈子】

2点を追う6回に代打の代打で登場、森福から中前適時打「1点を取りにいく打撃」

■日本ハム 5-4 巨人(交流戦・14日・札幌ドーム)

 日本ハムの杉谷拳士内野手が14日、本拠地巨人戦で代打適時打を放った。

 0-3で迎えた6回、1点を返してなおも1死一、三塁の好機に代打の代打で登場した。カウント1-1から試みたセーフティースクイズは失敗に終わったが、1-2と追い込まれながら巨人の3番手・森福の低め直球を中前にきれいに弾き返した。「森福さんの球はクロスに入ってくるので、反対方向を意識しました」と振り返る一打で1点差に追い上げ、反撃ムードを一気に高めた。

 前日の広島戦では同点で迎えた延長12回2死一、二塁の場面で代打に経ち、左飛に倒れて最後の打者になっていた。「昨日は悔しかったですけど、昨日は昨日、今日は今日。新しい気持ちで次のチャンスのために100%準備しようと思っていました。またチャンスの場面で監督が使ってくれたので、何かしらアクションを起こしたいなと。スクイズは失敗しましたが、1点を取りに行くバッティングをしました」と納得顔でうなずいた。

 バットでひと仕事した後は、今季初めて三塁を守り、8回からは左翼に回った。途中出場してマルチプレーヤーぶりを発揮した杉谷は「みんな疲れてはいますけど、最後まで諦めずに一丸となって戦えています」と充実感をにじませた。(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)